格安SIMを
スマホで使う

ソフトバンクでの契約

2年前、海外からシムフリーのスマホを持って、帰国。すぐにSIMカードを買えると思っていたところ、音声付きのものは一般的ではなく、周りにも誰も使っている人がいなくて、でもすぐに電話は必要。結局、ソフトバンクの実質0という、2年縛りでスマホを購入。これが失敗の源。最初からシムフリーのスマホを買ってしまえばよかったんですね。なんせ、よくわからない上に、実質0という、すごく得そうな雰囲気に飲まれてしまったわけです。

一度スマホに慣れてしまうと、ガラケーに戻るには勇気が必要。でも、使い始めてしばらくすると、支払額が高いな~とつくづく実感。以前海外で利用していたのとほぼ同じことをしているのに、料金は約3倍。 これをなんとか安くするにはどうしたらいいんだろうと、ソフトバンクの窓口へご相談。唯一できることは、容量を5GBから3GBに減らすこと。これで1500円ほどの割引。1GBでもいいんですけどと言うと、本体の支払いが終わっていない人は1GBにはできないとのこと。ふ~ん、こういうところで、実質0という言葉に誘惑されたしっぺ返しがくるわけですね。というわけで、ほんの少し、料金を下げることができたことで満足するしかないです。あとは、2年縛りさえ終われば、好きなことができるだろう。。。というのは、当然甘かったわけです。

ソフトバンクとの契約終了間近

待ちに待った2年縛りが終わる日がやってきます。日にちを確認すると、今までは1ヶ月で自動更新になっていたのが、期間は2ヶ月に伸びたとのこと。ふ~ん、苦情を言う人が増えたのかも。。と詮索。この2年の間に安いスマホのサービスがぐんぐん伸びていて、スマホさえシムフリーだったら色々あるし、どれにしようかなと迷っているところで、また、ソフトバンクさんへご相談。もうすぐ2年終わるんですけど、アンロックしてもらえるんですよね?機種はなんですか?5Sと6です。じゃあ、できません。え?私の電話になるのに、どうして?という会話があり、早い話、iPhone 6S 以降でないとアンロックしてもらえないわけです。勝手に、2年経って、料金を払い終われば、自分のものだからアンロックしてもらえると思っていた私が大間違いだったんですね。

SIMフリーのスマホの購入

でも、もう2年縛りは嫌なので、色々考えた挙句、アップルストアからシムフリーの電話を24か月分割、手数料無料で購入。最初からこうしておけばよかったのに。。。。

MNPの取得

番号をキープするため、MNPを取得申請するために電話。そこでまた、新たな発見。

ソフトバンクの明細の締めは20日。つまり、新しい請求日は21日から始まります。解約のペナルティーを払わないで良い日は21日から。。。ということは、解約できる初日は21日。でも、請求はその日から発生して、日割りはできないとのこと。つまり、ペナルティーを払わないで解約できる初日に解約しても、一月分の利用料金が発生して、次の一月分を払わないでいようと思うと、ペナルティーを払わなければいけない。。。ソフトバンクのお父さんキャラが好きだし、どうにかソフトバンクのサービスを継続できないかなあと少し揺れていた心がここで一掃。で、これはたまたま私の購入日が明細の日にかぶったのかと思いきや、購入日は13日だから、全く関係ないんですよね。つまり、そういう風に意図的に設定をされているわけです。入るのは簡単だけど、出るのは大変っていうこと。

で、結局、ペナルティーの料金と、一月の料金を比較して、安い方、つまり一月分を払うということで、解約の日を先送りにしました。どうせ、料金払わされるなら、使わない手はないですよね。一番お得は、縛りが切れたよく月の締め日の5日ほど前とのこと。そこで、最後の一月だけでも、本体の支払いが終わったわけなので、一番安い1GBに変更してもらってほんの少し割引。これで我慢するしかありませんでした。。。

格安サービスを選ぶ

皆さんがサービスを選ぶ時に一番重きをおくのは何でしょうか。何が何でも安い、通信が早い、縛りがない、などなど、いろいろありますよね。

格安サービスの場合、端末を一緒に購入する場合とサービスだけ契約する場合があります。私の場合はアップルストアで端末の購入をしたので、サービスのみ。

サービスには、音声付き、つまり通話ができるものと出来ないものがあります。私は頻繁ではないけれど、やっぱり必要な時には電話をかけたい。そこで、音声付きのものを探しました。基本的にドコモかAUの回線を借りることになっているので、使う機種によって使えるサービスも限定されてきます。また、通話の料金ですが、どこもだいたい横並びのようです。ただし、国際電話に限っては、回線の会社の国際電話料金になるので気をつけましょう。私は国際電話に関しては、ワールドリンクの格安サービスを使うので、問題ないですが。

その次に気にしたのがデータのスピード。これって、一応、いろいろ比較が出ています。が、業者が一般的に公開しているのは、最高のスピード。実際に、すごく混んだ時間帯にどのくらいのスピードが出るのかはまた別問題。ネットでも、実際の比較などが出ていますので、参考にしましょう。また、例えば、家族で使う場合、データをシェアできるところとできないところがあります。家族の一人が結構使うけど、他の人はあんまりという場合はとてもいいですよね。それに、翌月までは持ち越しとか、それもあります。また、家族で使えば、家族割りとかもあります。

他に、縛り。ヤフーモバイルはソフトバンクで、これは他のソフトバンクと同じで2年の縛りがあります。他は、6ヶ月の物や、1年の物などまちまち。また、実際に解約しようとした時の条件もまちまちです。解約料の他にまたMNPの料金もかかりますので、それも総合的に見る必要があります。

次は電話の機能。実は当然あると思っていた留守番電話の機能ってあるところとないところがあります。また、留守番電話の機能があっても、使っている電話の機能は使えないということがあります。例えば、iPhoneの場合、iPhone自体の留守番電話機能が使えないということです。また、留守番電話のメッセージを聞くために、電話をしなくてはならず、その通話に料金がかかったりもします。どのくらいの頻度で留守番電話を利用することになるかなども含めて検討しましょう。これは普通の携帯サービスも同じでしたが、留守番電話機能には料金がかかります。ヨドバシなど、単独でそのサービスだけ提供しているところも(スマート留守電)ありますよ。

以上、いろいろ検討事項がありますが、自分のニーズに一番合うものを探しましょう。